ごいしはまぐり

ノベルゲーム制作サークル「ごいしはまぐり」紹介の他、映画紹介やティラノスクリプト等、メンバーの記事を寄せ集めています。


ティラノスクリプト

ティラノスクリプト備忘録12
独自フォントを使用する

投稿日:2019年5月29日 更新日:

2020年5月16日更新
ティラノスクリプトV502a以降での変更方法に変更しました



 デフォルトのフォントを独自のフォントにすることで、作品にオリジナリティが出たり、雰囲気を決めたりすることが出来ます。

 今回はティラノスクリプトで独自フォントを使う手順についてメモ書きです。


 行うことは全部で3つ。

 ・フォントを準備する
 ・font.cssの修正
 ・Config.tjsの修正

 ひとつずつ解説します。
 ※index.htmlもv502a以降で更新されているので、v502a以降のindex.htmlに差し換えている必要があります



フォントを準備する


 まずはフォントを準備します。

 フォントは初めはフリーのものを選ぶのがいいと思います。
 形式は、ttf、woff、eot、svg形式があれば十分です。
 (今回はフォント4形式で設定していますが、全ては必要ないかも知れません)

 フォント形式の変換については「フォント形式 変換」などでオンラインで変換出来るサイトが沢山ありますので、そちらを利用するのも手です。


 上記形式のフォントを

 /data/others

 にそのまま入れます。



font.cssの修正


 tyrano/css/font.cssの修正を行います。
 (V502aより前はtyrano/font.css)
 以下はfont.cssの中身です。

@font-face {
font-family: '独自フォント名';
src: url('../../data/others/独自フォント名.eot') format('eot');
url('../../data/others/独自フォント名.woff') format('woff'),
url('../../data/others/独自フォント名.ttf') format('truetype'),
url("../../data/others/独自フォント名.svg#独自フォント名") format("svg");
font-weight:normal;font-style:normal;
}

 まず、@font-faceのコメント化を解除して下さい。
 そして、上記の様に「独自フォント名」と書かれているのをフォントのファイル名に変更して下さい。ttf、woff、eot、svgとそれぞれ設定して下さい。

 参考までにV502aより前は以下の通りにして下さい。

@font-face {
font-family: '独自フォント名';
src: url('../data/others/独自フォント名.eot') format('eot');
url('../data/others/独自フォント名.woff') format('woff'),
url('../data/others/独自フォント名.ttf') format('truetype'),
url("../data/others/独自フォント名.svg#独自フォント名") format("svg");
font-weight:normal;font-style:normal;
}

 ※V502aと前ではfont.cssの場所が異なるため、階層の記述に注意して下さい。



Config.tjsの修正


 data/system/Config.tjsを修正します。
 313行目に以下の様なコードがあると思います。

// ◆ 文字の書体
// デフォルトのフォント名を指定します。
// この設定はシステム変数に記録されて、次回起動時に引き継がれるので、
// userFace の設定を変更し、適用したい場合はシステム変数ファイル
// カンマで区切って複数のフォントを指定することができます。その場合は、最初
// の方に書いたフォントが存在すれば、優先されます。
;userFace = 独自フォント名;


 ;userFace = の後を独自フォント名にして下さい。

 以上で、デフォルトのフォントが変更されます。


 それではまた!



ごいしはまぐりではブラウザでプレイできるノベルゲームも制作しております。
作品一覧はこちらです。

  
皆さまの応援が励みになります。アクセスアップのためクリックして頂けると幸いですm(_ _)m

-ティラノスクリプト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ティラノスクリプト備忘録25
ランダムで文字を表示

 今回はランダムで文字を表示するコードを組んでみました。まずは動画とコードをご覧ください。 ランダムで文字を表示 ランダム文字テスト[p] ;ループカウント [eval exp="f.loo ...

ティラノスクリプト備忘録34
マクロの記述基本

 こんにちは!第34回ではマクロの記述と呼び出し方法について記載していきます。何度も繰り返し使うような処理で利用すると便利です。 それではまずは動画とコードをどうぞ。 マクロテスト[p] ;マクロの設 ...

ティラノスクリプト備忘録4 JavaScriptで乱数

ティラノスクリプト備忘録第4弾は「乱数」。サイコロとか、ダメージ計算、その他色々な運要素を盛り込んだゲームには必須といっても過言ではありません。今回はJavaScriptを使って整数の乱数を発生させま ...

ティラノスクリプト備忘録47
cond属性

 こんにちは!ぽんかです。 今回は全てのタグに使えるcond属性についての覚え書きです。 公式のタグリファレンスには以下のように書いてあります。 すべてのタグにcond属性があります。JS式を記述して ...

ティラノスクリプト備忘録33
ルビをふる

 こんにちは!今回はルビのふり方について記載していきます。 まずは動画とコードをどうぞ。 ルビテスト[p] [ruby text="きょう"]今日もいい[ruby text=&qu ...

アーカイブ