ティラノスクリプト

ティラノスクリプト備忘録44
ランダムシナリオ

投稿日:2020年2月9日 更新日:

 こんにちは!今回はランダムでシナリオを表示するコードを作成しました。

 今回のテスト内容は10つのシナリオの内、ランダムで3つを表示した後にエンディングに進むという作品に使用できます。

まずは動画とコードをご覧ください。





*start
ランダムシナリオテスト開始[p]
[iscript]

//シャッフル設定
function arrShuffle(arr){
  var len = arr.length;
  while(len > 0){
    var rnd = Math.floor(Math.random() * len);
    var tmp = arr[len-1];
    arr[len-1] = arr[rnd];
    arr[rnd] = tmp;
    len-=1;
  }
}

//配列を生成
var arr = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,10];
 
//配列をシャッフルする
arrShuffle(arr);

//配列をゲーム変数へ
f.ran1 = arr[0];
f.ran2 = arr[1];
f.ran3 = arr[2];

[endscript]

;ループカウンタ
[eval exp="f.cnt=1"]

;ループ開始位置
*loopstart

;ジャンプ先ラベル設定
[iscript]
if (f.cnt==1) {
f.label = "*"+f.ran1;
}
else if (f.cnt==2) {
f.label = "*"+f.ran2;
}
else if (f.cnt==3) {
f.label = "*"+f.ran3;
}
[endscript]

[jump target=&f.label]

;ジャンプ先ラベル
*1
1のラベルを表示[p]
[jump target=*labelend]
*2
2のラベルを表示[p]
[jump target=*labelend]
*3
3のラベルを表示[p]
[jump target=*labelend]
*4
4のラベルを表示[p]
[jump target=*labelend]
*5
5のラベルを表示[p]
[jump target=*labelend]
*6
6のラベルを表示[p]
[jump target=*labelend]
*7
7のラベルを表示[p]
[jump target=*labelend]
*8
8のラベルを表示[p]
[jump target=*labelend]
*9
9のラベルを表示[p]
[jump target=*labelend]
*10
10のラベルを表示[p]
[jump target=*labelend]

*labelend

;ループカウント3の時*loopendへジャンプ
[jump target=*loopend cond="f.cnt==3"]

;ループカウント+1する
[eval exp="f.cnt=f.cnt+1"]

;ループ最初に戻る
[jump target=*loopstart]

*loopend

ランダムシナリオテスト終了[p]
[jump target=*start]


 以前、記事にも書きましたループ処理の合わせ技です。

 コードが少し長くなりましたが、そのままコピーして使えるコードです。
 1行目と97行目はランダムの検証のために入れたので、実際に使用する際は削除して下さい。

 10つのシナリオではなく、5つのシナリオの中から…という場合は18行目の配列の数を変えて下さい。

 3つランダムではなく、5つランダムで…という場合は23行目以降、ゲーム変数に入れるのを増やして下さい。また、37行目以降のジャンプ先ラベル設定と85行目以降のループする回数を変更して下さい。

 不明点は https://twitter.com/oOPonkaOo ツイッターDM等で頂ければお答えいたします。



それではまた!



ごいしはまぐりではブラウザでプレイできるノベルゲームも制作しております。
作品一覧はこちらです。

  
皆さまの応援が励みになります。クリックして頂けると幸いですm(_ _)m

-ティラノスクリプト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ティラノスクリプト備忘録37
カメラアップからスタート

 先日、「思ひ出のラプソディ」を公開しましたが、その中で最初からアップの状態からスタートする場面があります。 今回はアップからスタートする方法について説明します。 まずは動画とコードをご覧ください。 ...

ティラノスクリプト備忘録40
マクロに値を渡す

 今回はティラノスクリプト[macro]タグで変数を渡す方法についてご説明します。 [macro]タグは繰り返し同じようなタグの組み合わせを使用しているときに使うとコードが短くすることが出来るので制作 ...

ティラノスクリプト備忘録33
ルビをふる

 こんにちは!今回はルビのふり方について記載していきます。 まずは動画とコードをどうぞ。 ルビテスト[p] [ruby text="きょう"]今日もいい[ruby text=&qu ...

ティラノスクリプト備忘録2 サウンドロゴ

ティラノスクリプト備忘録第2弾は「サウンドロゴ」。ゲームを起動したときにサークル名のサウンドロゴを表示させます。導入することで、サークル名や存在をアピール出来そうですね。以下はfirst.ksの中身で ...

ティラノスクリプト備忘録27
パッケージング

 こんにちは!今回はゲームとして配布するときの「パッケージング」についてです。 パッケージングする簡単な方法は「ティラノライダー」を使う方法だと個人的には思います。そこで、ティラノライダーでのパッケー ...

アーカイブ