ティラノスクリプト

ティラノスクリプト備忘録6 テキストボックスに入力した内容を変数に入れる

投稿日:2019年5月13日 更新日:

ティラノスクリプト第6弾は変数にプレイヤーが入力した内容を入れる方法です。
テキストボックスに入力して、入力した内容を表示させるということをティラノスクリプト上で行います。
文字が入力されていない場合や、長すぎる場合には再入力を促します。



「学園ライト!」より入力サンプル


上の動画ではテキストボックスを表示して、テキストボックスに入力後ボタンを押すことで名前を記録して、表示させています。
コードは以下の通りです。

#yamamine
「こんにちは。[p]
…声をかけているのよ。[p]
そう。今、私を見ているあなたよ」[p]

話しかけるためにずっと待っていたのだから」[p]


#
青葉はじっとこちらを見つめている。[p]
#yamamine
「あなたのこと、なんて呼べばいいかしら?」[p]

*label1

#
名前を入力して下さい。(1~6文字)
;名前の入力
[edit name="f.pname" left="550" top="340" width="230" height="40"]

[locate x=550 y=400 ]
[button graphic="name_kettei.png" target=*commit]

[s]

*commit

[commit name="f.pname"]
[cm]

;文字数制限
[if exp="f.pname.length==0"]
文字が入力されていません。[p]
[jump target=*label1]
[elsif exp="f.pname.length>6"]
6文字以内で入力して下さい。[p]
[jump target=*label1]
[endif]

「[emb exp=f.pname]と呼べばいいわね。[p]
これから宜しくね」[p]


;名前の入力 が入力用のテキストボックスです。
nameで変数の宣言、leftとtopで位置、widthとheightでサイズを決めています。

;入力決定ボタン がテキストボックス下のボタンです。
[locate x= y=]で位置を決定して、画像でボタンを表示させてクリックで*commitに飛びます。

[s]は入れておかないとゲームが止まらずに入力前に先に進んでしまいます。
ボタンを押すことによってのみ進めるようにします。

*commitに飛んだ後はcommitタグで入力フォーム内容の確定を行った後、[cm]で画面をクリアします。

その後、 ;文字数制限 で入力された文字の判定を入れています。
Ifで何も入力されていないとき、7文字以上のときに *label1 にジャンプして再入力になります。


それではまた!



ごいしはまぐりではブラウザでプレイできるノベルゲームも制作しております。
作品一覧はこちらです。

  
皆さまの応援が励みになります。クリックして頂けると幸いですm(_ _)m

-ティラノスクリプト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ティラノスクリプト備忘録5 変数によるIf分岐

ティラノスクリプト備忘録第5弾は「変数によるIf分岐」の作り方です。ボタン以外の分岐があると、ゲームとしての奥深さを表現出来たりしそうですね。ティラノスクリプト備忘録3では変数の出力について、 ティラ ...

ティラノスクリプト備忘録39
JavaScriptでティラノスクリプトのタグを使う

 ティラノスクリプトのタグ、[iscript]でJavaScriptを使うことができますが、今回の記事は[iscript]内でティラノスクリプトのタグを呼び出す方法についてのメモです。 [iscrip ...

ティラノスクリプト備忘録24
配列

 配列について、次回作で利用しようと思い基本的なところをまとめました。まずは配列の動画とコードです。 配列の表示と代入 配列テスト[p] [eval exp="f.player=[' ...

ティラノスクリプト備忘録36
ボイス再生

 こんにちは!ぽんかです。 今回はボイス再生についてです。ボイス再生については普通に[playse]タグを使う方法と、[voconfig][vostart]を使う方法がありますが、私は[vo~]を使う ...

ティラノスクリプト備忘録23
クリッカブルタグ

 脱出ゲーム等で使われるクリッカブルタグを今まで使ったことがなかったので、実際に動作させてタグの仕様について覚え書きします。 クリッカブルとはクリック出来る領域を設定して動作させるタグです。パラメータ ...

アーカイブ