ティラノスクリプト

ティラノスクリプト備忘録36
ボイス再生

投稿日:2019年10月5日 更新日:


 こんにちは!ぽんかです。
 今回はボイス再生についてです。ボイス再生については普通に[playse]タグを使う方法と、[voconfig][vostart]を使う方法がありますが、私は[vo~]を使うことをお勧めします。

 しかしながら、[vo~]は良いところと悪いところあります。悪いところを補うことでガンガン使っていきましょう。

 まずはコード実例から。



コード実例

;ボイス設定
[voconfig sebuf=1 name="tarou" vostorage="t/t{number}.ogg" number=1 ]
[voconfig sebuf=1 name="hanako" vostorage="h/h{number}.ogg" number=1 ]
[vostart]

;t1
#tarou
「t1.oggの再生です」[p]
[stopse buf=1]

;h1
#hanako
「h1.oggの再生です」[p]
[stopse buf=1]

;t2
#tarou
「t2.oggの再生です」[p]
[stopse buf=1]


 [vo~]を使って再生するには上記の様なコードを書きます。
#nameで自動的に前回再生したファイル名のnumberが+1されて効果音が再生されます。

 上記ではdata\soundフォルダ内にそれぞれtとhフォルダを作成してtフォルダの中にt1.ogg、t2.ogg…hフォルダの中にh1.ogg、h2.oggとファイルを置いています。キャラ毎にフォルダを分けていると後で管理が楽です。


それでは[vo~]タグの良いところと悪いところをまとめます。

  • 良いところ

 オートで進んだときに再生し終わるのを待ってくれる。
 これは本当に重要でボイスが入っていてオートする機能を組み込む作品の場合は必須といっても過言ではありません。
 [playse]は再生終了を待ってくれないので、しゃべっている途中で次に進んでしまいます。

 記述が楽。一律に#の後にnameをつけるだけです。

  • 悪いところ

 何を再生しているか記述上分かりづらい。
  対策→再生前にコメントアウトでファイル名を記載しておく。

 再生が+1づつ順番に行われる。選択肢があると全て+1という訳にはいかない。
  対策→選択後、jumpした後にvoconfigのnumberで採番のし直しをする。
 



 以上です。[vo~]のような便利な機能は他のタグで代用できますが、機能は目いっぱい使って作品のレベルを上げることを心がけています。


それではまた!



ごいしはまぐりではブラウザでプレイできるノベルゲームも制作しております。
作品一覧はこちらです。

  
皆さまの応援が励みになります。クリックして頂けると幸いですm(_ _)m

-ティラノスクリプト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ティラノスクリプト備忘録22
タイマーを利用する

 以前、JavaScriptでタイマーを表示させる実験を行いましたが、今回は実際にゲームとして動作するように組込を行います。 以下の例は時間制限ありのボタンクリックになります。 指定した時間以内に入力 ...

ティラノスクリプト備忘録7 タイトル画面を編集する

ティラノスクリプト備忘録第7弾は「タイトル画面の編集」です。スクリプト上でボタンの表示/非表示や配置を決める方法を説明していきます。ティラノビルダーでは配置や画像の変更をGUIで簡単に設定できますが、 ...

ティラノスクリプト備忘録19
タイマー JavaScript

 今回はティラノスクリプト上でJavaScriptを使ってタイマーを作ってみます! メッセージウィンドウ上でカウントダウン表示を行い、0になったタイミングでジャンプするようにします。 まずは動画と実際 ...

ティラノスクリプト備忘録13 ボタンにメニューの機能をつける

デフォルトで表示されている右下の歯車ボタン…menubuttonについてです。歯車を押してメニュー画面を開いてセーブロード等、画面を用意せずにプレイ画面で直接セーブロードやスキップなど出来るようにする ...

ティラノスクリプト備忘録12
独自フォントを使用する

2020年5月16日更新ティラノスクリプトV502a以降での変更方法に変更しました  デフォルトのフォントを独自のフォントにすることで、作品にオリジナリティが出たり、雰囲気を決めたりすることが出来ます ...

アーカイブ