ごいしはまぐり

ノベルゲーム制作サークル「ごいしはまぐり」紹介の他、映画紹介やティラノスクリプト等、メンバーの記事を寄せ集めています。


映画

「みんな。観ようぜ!」第6回
アサシンズ 極限の92分間

投稿日:2019年5月6日 更新日:



アサシンズ 極限の92分間


原題 Forward
製作国:メキシコ
製作年:2016年
配給元:アメイジングD.C.

監督 ヘンリー・ベッドウェル
主演 ハロルド・トレス

カテゴリー : 悪霊



~あらすじ~
「仕留める=殺す」という仕事を依頼され、不気味な建物にやって来た2人の殺し屋:トマスとマルコ。
 今まで失敗したことない完璧な仕事を行って来た彼らだったが、今回は勝手が全く違っていた!
 その建物に巣食う奴らに、逆に攻撃されるという意外な展開が待ち受けていた・・・。
 『俺たちは嵌められたのか?』気付いた時はもう遅かった。生と死を賭けた、極限の92分間の火蓋が切られた! ! 

amazon 商品紹介より引用

 

~紹介作品 Amazonリンク~

~ 配信ならこちら ~

~ やっぱ形があった方がイイよねっ! ~



~感想~

 タイトル借り。
 パケ裏を見る限り、色々な聞いたことない賞を受賞しているような感。パケも頑張って作ってるな感。どこかで聞いたことあるあらすじ感。
 これは、面白そうな予感(笑)
 観てる時は気にしなかったですが、上映時間の92分間が劇中の92分間と完全リンクしてるとのこと。
 劇中で過去話とかカメラ切り替えとかが多すぎて気づけなかったですよっ (*'ω'*)
 本作の敵役は、多分悪魔っぽい何か。。。
 地獄の門?的なものがあったり、教祖っぽい人もいたり。
 ただ、結局誰が誰に何をしたかったのかがよく分からなかったり。

 さて内容ですが、カメラワークの演出は凝っていましたね。
 逆に凝り過ぎて分かりにくくなってしまっていたのは、よくある話で。
 劇中、主人公たちが要所要所で怪しい人影を見かけるんですね。
 んで、うろちょろしてると結局それが過去(未来)の自分だってことが分かるんですね。
 何言ってるか自分でも分かんなくなりますが、タイムリープ系の映画に悪魔足して2で割ったら、よく分かんないものが出来た。って作品でしょうか。

 結局2人とも過去?未来の自分とか悪魔に殺されちゃって、未来の自分たちが同じ道を辿るべくアジトに乗り込んできて終わり。
 面白そうな要素はあるし、演出も凝ってたんだけど、色々残念でしたね。
 主人公達のバディー感が妙にタランティーノっぽいのはご愛敬。
 でもいい感じのキャラだったのに、途中からバディー感皆無になってしまったのも残念。

 キャラを最後まで引っ張れば、もちっと盛り上がりが出来たのではなかろーか。とか何とか言ってみる ( `ー´)ノ






僕ログ(5点満点
手ぶれ度  ★★★☆☆
悪魔度   ★☆☆☆☆
殺し屋度  ★☆☆☆☆
バディー度 ★☆☆☆☆
92分間度  ★★★★★



ごいしはまぐりではブラウザでプレイできるノベルゲームも制作しております。
作品一覧はこちらです。

  
皆さまの応援が励みになります。アクセスアップのためクリックして頂けると幸いですm(_ _)m

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「みんな。観ようぜ!」
-古き良き思ひ出-第10回
ラプター

  ラプター 原題: CROC 制作国:アメリカ制作年:2007年 監督 スチュアート・ラフィル主演 マイケル・マドセンカテゴリー : ワニ       何度見ても色あせない、決して名作ではないけれど ...

「みんな。観ようぜ!」第21回
マーダー・ドライブ

  マーダー・ドライブ 原題: THE TOYBOX 製作国:アメリカ製作年:2018年配給元:アルバトロスフィルム 監督 トム・ナゲル主演 ミーシャ・バートンカテゴリー:悪霊   ~あらすじ~ 妻を ...

「みんな。観ようぜ!」第60回
モーターギャング

  モーターギャング 原題: OUTLAWS / 1% 制作国:オーストラリア制作年:2017年配給元:TCエンタテイメント 監督 スティーブン・マッカラム主演 ライアン・コアカテゴリー : 筋肉バイ ...

「みんな。観ようぜ!」第9回
ゲヘナ

ゲヘナ 原題:GEHENNA WHERE DEATH LIVES製作国:アメリカ/日本製作年:2016年配給元:アメイジングD.C. 監督 片桐裕司 主演 ダグ・ジョーンズカテゴリー : 悪霊 ~あら ...

「みんな。観ようぜ!」第0回

~はじめまして~  僕、nicotyuは映画鑑賞が趣味でございます。 多分、同年代の方と比べると鑑賞している作品の本数では上位なんじゃないかなと思います。 鑑賞ジャンルは古典的な作品や大作から所謂B級 ...

アーカイブ