ごいしはまぐり

ノベルゲーム制作サークル「ごいしはまぐり」紹介の他、映画紹介やティラノスクリプト等、メンバーの記事を寄せ集めています。

ティラノスクリプト

ティラノスクリプト備忘録42
ボイス再生マクロ

投稿日:2019年12月14日 更新日:



 前回に引き続き今回も実用的なマクロを紹介します。

 紹介するのは「ボイス再生のためのマクロ」です。

 ボイスはただ[playse]タグを使うのではなく、いろいろなタグを組み合わせてようやく実用的なものになります。

 まずは動画とコードをご覧ください。



ボイス再生マクロ[p]

[bg storage="kuro.jpg" time="500"]
[bg storage="eki1.jpg" time="1500"wait=true]

[chara_show name="haraguti" layer=0 left=850 time=300]
美沙がロータリーに向かうと[r]
原口が既に立っているのが見えた[p]
早足で原口の元に向かう[p]
[resetfont]

[playbgm storage="mis.ogg" loop=smooth]

[chara_show name="misa" layer=0 left=-500 time=300 reflect=true]
[anim name="misa" left = 20 time=500]
[wa]

;ボイス再生設定
[voconfig sebuf=1 name="misa" vostorage="m/m{number}.ogg" number=6 ]
[voconfig sebuf=1 name="haraguti" vostorage="t/t{number}.ogg" number=1 ]
[vostart]

;ボイスマクロ
[macro name=playvo]

#%chara
[text val=%mes]
[p]
[stopse buf=1]

[endmacro]

;マクロ呼び出し
[playvo chara=haraguti mes="山神さん こんにちは"]
[playvo chara=misa mes="あっ こんにちは"]

ボイス再生マクロ終了[p]


 前置き部分からコードを載せたので少し長くなってしまいましたが、ボイス設定に関係があるのは18行目からです。

 [voconfig]タグについては以前こちらでも記事を書きましたが、オート機能でボイス再生するのであれば必須です。

 soundフォルダにキャラ毎にフォルダを作成してその中にoggファイルを置きます。

 [macro]の中身は、

  ・#を使ったボイス再生
  ・メッセージウィンドウにテキスト表示
  ・クリック待ちとクリック後ボイス再生停止

の3つです。

 [playvo]タグにこれらをまとめてマクロに値を渡すようにしています。
これでボイス再生に必要なタグが1行にまとめられます!


それではまた!



ごいしはまぐりではブラウザでプレイできるノベルゲームも制作しております。
作品一覧はこちらです。

-ティラノスクリプト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ティラノスクリプト備忘録17
広告収入を得よう

2020/07/03 広告常時表示方法を追加  自身の作ったゲームで収入を得る… ゲーム開発者なら一度は考えることではないでしょうか。 今回はティラノスクリプトやティラノビルダーを使って収益化、広告収 ...

ティラノスクリプト備忘録19
タイマー JavaScript

 今回はティラノスクリプト上でJavaScriptを使ってタイマーを作ってみます! メッセージウィンドウ上でカウントダウン表示を行い、0になったタイミングでジャンプするようにします。 まずは動画と実際 ...

ティラノスクリプト備忘録23
クリッカブルタグ

 脱出ゲーム等で使われるクリッカブルタグを今まで使ったことがなかったので、実際に動作させてタグの仕様について覚え書きします。 クリッカブルとはクリック出来る領域を設定して動作させるタグです。パラメータ ...

ティラノスクリプト備忘録9 セーブスロット数の変更

ティラノスクリプトのセーブスロットの数をデフォルトから減らしたり多くしたりしたいことはあるのではないでしょうか。特に長編で分岐が沢山ある作品の場合はセーブスロットが沢山ほしい!なんてプレイヤーもいらっ ...

ティラノスクリプト備忘録12
独自フォントを使用する

2020年5月16日更新ティラノスクリプトV502a以降での変更方法に変更しました  デフォルトのフォントを独自のフォントにすることで、作品にオリジナリティが出たり、雰囲気を決めたりすることが出来ます ...

アーカイブ