ティラノスクリプト

ティラノスクリプト備忘録41
跳ねるマクロ

投稿日:2019年12月7日 更新日:



 今回は、使ってきた自作マクロを紹介したいと思います。
 まずはキャラクターが「跳ねるマクロ」です。

 実際に動かしてみた動画とコードをご覧ください。



跳ねるマクロ[p]
[chara_show name="yokokawa" time="1000"]

[macro name=haneru]

[anim name=%chara top =-30 time=100 effect=easeInBounce]
[wa]
[anim name=%chara top =0 time=100 effect=easeInBounce]
[wa]

[endmacro]

マクロを呼び出します[p]

;マクロ呼び出し
[haneru chara=yokokawa]

跳ねるマクロ終了[p]


 [haneru chara=の後に登場させたキャラの名前を入れることで上にぴょんと跳ねるような動作をします。

 動作をすることで、発言時に使うと画面上で誰が話しているのか分かりやすくなります。

 連続で呼び出せば「震え」を表現することも出来ます。


それではまた!



ごいしはまぐりではブラウザでプレイできるノベルゲームも制作しております。
作品一覧はこちらです。

  
皆さまの応援が励みになります。クリックして頂けると幸いですm(_ _)m

-ティラノスクリプト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ティラノスクリプト備忘録40
マクロに値を渡す

 今回はティラノスクリプト[macro]タグで変数を渡す方法についてご説明します。 [macro]タグは繰り返し同じようなタグの組み合わせを使用しているときに使うとコードが短くすることが出来るので制作 ...

ティラノスクリプト備忘録6 テキストボックスに入力した内容を変数に入れる

ティラノスクリプト第6弾は変数にプレイヤーが入力した内容を入れる方法です。テキストボックスに入力して、入力した内容を表示させるということをティラノスクリプト上で行います。文字が入力されていない場合や、 ...

ティラノスクリプト備忘録20
ループ処理

 備忘録20回目はループ処理についてご説明します。ティラノスクリプトにはfor文のようなものが無いので、ラベルとジャンプ、ifで代用します。 具体的なコードと動画は以下の通りです。 ループ処理 ループ ...

ティラノスクリプト備忘録19
タイマー JavaScript

 今回はティラノスクリプト上でJavaScriptを使ってタイマーを作ってみます! メッセージウィンドウ上でカウントダウン表示を行い、0になったタイミングでジャンプするようにします。 まずは動画と実際 ...

ティラノスクリプト備忘録44
ランダムシナリオ

 こんにちは!今回はランダムでシナリオを表示するコードを作成しました。 今回のテスト内容は10つのシナリオの内、ランダムで3つを表示した後にエンディングに進むという作品に使用できます。まずは動画とコー ...

アーカイブ