ごいしはまぐり

ノベルゲーム制作サークル「ごいしはまぐり」紹介の他、映画紹介やティラノスクリプト等、メンバーの記事を寄せ集めています。


ティラノスクリプト

ティラノスクリプト備忘録4 JavaScriptで乱数

投稿日:2019年5月7日 更新日:

ティラノスクリプト備忘録第4弾は「乱数」。
サイコロとか、ダメージ計算、その他色々な運要素を盛り込んだゲームには必須といっても過言ではありません。

今回はJavaScriptを使って整数の乱数を発生させます。
以下は1~10の乱数を発生させるコードです。



[iscript]
tf.rdm = Math.floor(Math.random() * 10)+1
[endscript]


はい。これだけです。

[iscript]と[endscript]で挟んでJavaScriptであることを宣言します。

Math.random()で0~1未満の数値を発生させて、10をかけることで0~10未満の数字ができます。Math.floorで小数点以下を切り捨てると0~9の整数が出来ます。これに1を加えることで1~10の整数を作り、tf.rdmに入れます。

RPGのダメージ計算などで使える「乱数の範囲」を作る場合は

[iscript]
tf.rdm = Math.floor( Math.random() * 6) + 2
[endscript]


これで0~5の乱数に+2をすることで最低2、最高7の乱数が発生します。

単純なコードですが、ティラノスクリプトに組み込んで、運要素のあるゲームを作っちゃいましょう♪

それではまた!



ごいしはまぐりではブラウザでプレイできるノベルゲームも制作しております。
作品一覧はこちらです。

  
皆さまの応援が励みになります。クリックして頂けると幸いですm(_ _)m

-ティラノスクリプト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ティラノスクリプト備忘録11 複数の効果音を同時に出す

ティラノスクリプト備忘録第11弾は複数の効果音を同時に出す方法です。例えばキャラのボイスと”キラーン”というような効果音を同時に出したいときに使います。デフォルトだと前になっていた効果音が止まって新し ...

ティラノスクリプト備忘録25
ランダムで文字を表示

 今回はランダムで文字を表示するコードを組んでみました。まずは動画とコードをご覧ください。 ランダムで文字を表示 ランダム文字テスト[p] ;ループカウント [eval exp="f.loo ...

ティラノスクリプト備忘録8
画面サイズを変える

ディスプレイの解像度やアスペクト比はなかなかどうして変わっていくもので、4:3、16:9、16:10とPCやタブレット、スマホ、更に機種によっても違います。現在のトレンドは16:9でしょうか…今回は解 ...

ティラノスクリプト備忘録29
正規表現でタグ[]を消す

 こんにちは!今回は正規表現と置換を使ってタグを消します。 こちらのテクニックは例えばこんな時に便利です。 スクリプトを打ち始めたが…「もう一度シナリオの見直しをしたい」「ボイスを追加したくなった。依 ...

ティラノスクリプト備忘録24
配列

 配列について、次回作で利用しようと思い基本的なところをまとめました。まずは配列の動画とコードです。 配列の表示と代入 配列テスト[p] [eval exp="f.player=[' ...

アーカイブ